2011年4月1日 株式会社Kaspersky Labs Japan よりリリース

情報セキュリティソリューションを提供する
株式会社 Kaspersky Labs Japanから東日本大震災に伴い、「地震」や「津波」、「原発」等を
キーワードとしたスパムメールが出回っていることが報告されました。

メール本文には悪意あるサイトへ誘導するリンクが含まれており、
このリンクをクリックするとWebブラウザが起動し、
リンクに対応するページを開きます。

ページのコンテンツには、悪意あるJavaスクリプトと共に
"JRE"や "Adobe Reader", "Help Center"等の脆弱性を悪用するコードが
含まれており、このページをWebブラウザで開くだけでユーザの意図とは
関係無くこれらのコードが実行され、結果としてマルウェアに
感染するという仕組みです。

ここで感染するマルウェアとしては、トロイの木馬や偽アンチウィルスが
多く確認されており、時間や環境によって常に変化しています。

今後もこのようなスパムメールやマルウェアは増えてくることが
予想されます。また、感染手法も今回紹介したものだけで無く、
様々なタイプが確認されており、日本語のものも既に出回っている状況です。
出所不明のメールや怪しいドメインを含むリンクには十分注意し、
少しでも怪しいと感じたら決して開かないように心がけてください。

震災関連スパムについて、より詳しくお知りになりたい方は、
下記のブログをご覧ください。

震災関連スパムがもたらすマルウェア
http://www.viruslistjp.com/analysis/?pubid=204792125
震災関連スパム(II)
http://www.viruslistjp.com/analysis/?pubid=204792126
震災関連スパムがもたらすマルウェア - パート 3
http://www.viruslistjp.com/analysis/?pubid=204792127
日本の震災関連マルウェア再び
http://www.viruslistjp.com/analysis/?pubid=204792128

【Kaspersky Lab について】http:/www.kaspersky.co.jp/
Kaspersky Lab はウイルス、スパイウェア、クライムウェア、
ハッカーによる攻撃、フィッシング詐欺、スパムといった IT 上の
脅威に対抗して、世界で最も迅速かつ高品質な保護を提供しています。
また、個人および法人のお客様を対象とした各種製品において、
業界最高の検知率と最短の対応時間を実現しています。Kaspersky Lab の
技術は業界を代表する IT セキュリティソリューションに、広く世界中で
採用されています。詳細については http://www.kaspersky.co.jp/ を
ご覧ください。また、IT セキュリティに関する最新情報を
http://www.viruslistjp.com/ にて提供しています。

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
株式会社 Kaspersky Labs Japan 広報事務局 橋場
電話:03-5687-7830 FAX:03-5687-7837
メールアドレス: press@kaspersky.co.jp

RSS2.0

軽さと速さの秘密がわかる!詳細資料ダウンロード カスペルスキーを体験できる!30日間無料お試しダウンロード